秋田に嫁いで早11年。

ずっとお世話になってきた秋田市の市民交流サロンで、

はじめて講座講師をご依頼いただき行ってきました!

 

「基礎から学べる!

ファシリテーショングラフィック講座」

 

緊張する私

 

8月の暑い中、満員御礼!

嬉しかったー!

 

 

美大生の葉月ちゃんにもまたまた

お手伝いに来てもらって、助けてもらいながらの講座。

 


 

10時から15時までみっちりと。

みなさんお疲れだったと思いますが、

アンケートを見ると満足いただけたようでホッ。

 

 

アンケートの中に、

「眠くならないような工夫を

してくれていて、良かった」

というお言葉が。

 

そうそう!お昼を挟むお仕事の時、

自分だったらぜったい眠くなるからと、

リフレッシュタイムを必ず設けているんですよね。

 

講座のプログラム自体に評価をいただけたことも

なんだか嬉しかったです

 

 

最初は、絵が描けないから…と不安そうだった皆さん。

最後には模擬会議をしっかりと描いてくださり、

「少しはできるようになったかなと思えた」と、

手ごたえを感じて下さっていました。

 

楽しかった、だけではない、

達成感が得られるのが大切なポイント、

と考えてプログラムを組んでいたので、

この感想もまた嬉しかった!

 

 

テーマによっては、

このような時間軸のフレームを活用した方もいて、

私のほうが勉強になりました。

 

講座のご依頼は、講師がいちばん学びになるのかもしれないな〜

この8月、なんと、はじめて仙台でのおしごとへ!

(まだ8月のおしごと記事書いててすみません)

 

東北大学で行われた「HIRAI Pitch in仙台」

グラフィック・レコーディングを担当いたしました。

 

 

平井前IT担当大臣がこれまで各地で開催してきた

スタートアップについて語る意見交換会です。

 

初の仙台、しかも、

「スタートアップのエコシステム」という不案内なテーマで、

事前勉強はしっかりしたものの、

とーっても難しかった!

 

トピックだけは網羅できたと思います…

 

でも、スタートアップの世界というのは

とてもワクワクするもので、

私もスタートアップしたいと思ったくらい、

ものすごくおもしろかった!

 

 

イノベーションを起こし、

業界や、地域や、東北に、活力を与えているスタートアップのみなさん。

本当に良いお話をありがとうございました!

 

由利本荘市にある「森の保健室」で、

ゆるーい事例検討会第3回が開催され、

ファシリテーターとして3度目の参加をしてきました〜

 

 

ゆるやかな雰囲気の中、

正解や不正解がない問いに向き合い、

それぞれの答えを紡いでいくこの時間が、

私にとっても大切な時間となっています。

 

 

ふだん医療福祉の場に身を置いているみなさん、

本当に素敵な方々ばかりなんだよなあ〜

 

 

会場となった伊藤伸一先生の診療所併設の「森の保健室」が、

とっても素敵な空間なんだよなあ〜

秘密基地のような場所もあって。

 

 

事情あって娘も一緒に伺わせていただき、

カメラ係やタイムキーパーをやってもらいました。

 

子連れでというところに気が引ける想いだったのですが、

ご参加の方から

「娘さんが来てくれたことは私たちにとってギフトのようでした」

というお言葉を頂戴し、とても嬉しかったです。

 

私もそんな言葉をプレゼントできる人になりたいなあ。

みなさん、本当にありがとうございました!