さて、まだ春にあったおしごとのblogを書こうとしている私…

お暇つぶしにでも、どうぞお付き合いのほど…

 

 

秋田県青少年交流センターと秋田県生涯学習センター共催の

「高校生徒会ネットワーク会議」が5月に開催され、

 

その中でグラフィック・レコーディング講座

のコマを担当しました〜

(後半コマは、東工大見崎教授によるデザイン思考講座)

 

 

定員50名のところ満席となる申し込みがあり、

高校生たちの意気込みを感じドキドキ…

 

冒頭にセンター職員さんプレゼンツのアイスブレイクも!

 

 

秋田公立美術大学のグラレコ協力隊のお2人や、

まりづくりに興味があるという名古屋外大の学生さんにも

お手伝いしてもらって、3時間駆け抜けましたー!

 

 

最初は、「絵が描けないから不安…」「他校と一緒で緊張する…」

とドキドキしていた生徒さんたちですが、なんのその!

 

スピード感あるプログラムで躊躇する隙を与えず(詰め込みすぎとも…)、

とにかく描いて、描いて、描きまくってくれました!

 

 

最後のふりかえりでは、

「やったらできた」「挑戦することが大事!」

という気づきを得たみなさん。

 

 

 

グラレコの技術を学ぶというだけではなく、

やればできる、積極的に取り組もう!

という姿勢を習得する時間にもなり、

 

その学ぶ姿勢から私自身も学びました。

あっという間に秋田に夏がやってきましたー!

毎日ドタバタと過ぎていくのですが、

blogもちょこちょこと更新いたします。

 

 

さてさて。

 

「ワークショップのファシリテーター」

「ファシリテーションの研修講師」

 

ご依頼いただくお仕事の種類は、

大きく分けてこの2つありまして。

 

実践ふりかえりを交互に繰り替えす感じで、

たいへんありがたい機会をいただけているなあと思います。

 

 

5月にご依頼いただいたファシリテーション研修で、

すごく良いなあと感じたのが、

 

2週間後にワークショップのファシリテーターをやることが

決まっている方々からの自発的なご依頼だったこと!

 

↑冒頭に、参加者が知りたいことを共有

 

 

みなさんワークショップの場の想定をしながら、

前のめりで研修に参加してくださいましたし、

 

私のほうでも事前にワークショップのプログラムを拝見し、

想定されるあれこれをお話しできました。

 

自分が最初にファシリテーターを担当した時の、

手に汗握る暇もないほどの緊張を思い出し、

その不安、分かる…と共感の嵐でした。

 

 

その後、ワークショップをやり遂げたご報告もいただき、

実践を見据えた研修の重要性を改めて感じた機会でした◎

このお仕事blogを使い続けて約10年。

やっと新しいメディア、ホームページを作りましたー!

 

こちらです

https://section-a.wixsite.com/homepage

(あまりうまくできなかったけれど…)

 

ことの発端は、

4月に入ってから心機一転!と、

blogのデザインをたいへん気軽な気持ち

変更した時のこと…

 

コツコツ書き溜めていた「活動履歴」が

途中で消える事件が勃発したことです。

 

あの時の気軽な気持ちの自分に待ったを言い渡したい…

 

たぶん、文字数制限にひっかかってしまったのですが、

悲しすぎる…10年の履歴が…

 

半日落ち込みましたが、

文字数制限のないホームページを作ろう!と再起。

 

2015年にフリーとして活動を始めた時からの

活動履歴もぶじ書き切りました。

 

最新の情報は相変わらずこのblogに書いてゆきますが、

もしよろしければ、

暇つぶしにホームページのほうもチラリご覧くださーい!