なんと、今年6月から、

秋田県が認定を進めている

守りたい秋田の里地里山50

ライターを仰せつかりました〜!

 

a.woman、Fermentators Week に続き、

3件目のライターのお仕事です。

 

 

 

「情報発信推進員」という肩書で3枚目の名刺いただきました。

 

 

里地里山50は、

・美しい里山景観を住民たちが管理していて、

・地域資源を活用した活動にも取り組んでいる、

 

そんな地域を認定し、

秋田の財産として認知を広げていきながら、

次世代に引き継ごうとするもの。

 

50と言いながらまだ37しかないので、

これから更なる認定を進めていくとのことです。

 

 

私は県央地区担当ということで、

 

男鹿市安全寺や、

http://www.akita-gt.org/walk/akita-satotisatoyama-dayori2019/anzenji.html

 

由利本荘市坂之下を取材。

http://www.akita-gt.org/walk/akita-satotisatoyama-dayori2019/sakanoshita.html

 

 

大学院のころ魅了され研究に没頭していた山間部の集落景観に、

こんな形でまた関われるのが嬉しい。

 

お声がけいただいたNPOのけこさんに感謝です♪

 

多くの方に記事をご覧いただけたら嬉しいです^^

TOKYO FM の番組「Honda Smile Mission」で、

私のおしごとを取材していただきましたー!

 

探偵事務所エージェントのルーシーさんが、

愛車プチェコに乗って

全国各地の人をリサーチしているということで、

かわいすぎるプチェコにも会えました。

 

 

ラジオは7月1日に放送済ですが、

詳しい内容をプログにも乗せていただきました♪

https://www.tfm.co.jp/smile/reports/akita/20190701/

 

ルーシーさんはじめスタッフのみなさんが、

ファシリテーターに心から興味を持ってくれ、

いろんな質問を投げかけてくれたことが嬉しい。

 

真心のこもった取材でした。

みなさん、ありがとうございました!!

 

秋田の素敵な人たちをたくさん取材されたようなので、

ぜひブログをチェック!

昨年から各地区で開催してきた

横手市主催のまちあるきワークショップ、

ラストは横手中心部が対象でした!

 

まちあるきワークショップで出た意見は、

横手市が策定中の歴史文化基本構想に活かされます。

 

昨年から通算12回のワークショップをやってきたので、

これで終了と思うと感慨深い…

 

 

今回もまちに詳しい諸先輩方から若者まで

たくさんの方にお集まりいただきましたが、

 

どんな人でも、歩くといろいろ再発見がある!

 

 

まちあるきで発見した歴史資産をプリントした写真を見ながら、

 

「こんないいもの発見したよ!」を超えて、

 

「こんなことがこのまちでできるんじゃない?」

というアイディアもたくさん出た回でした。

 

 

最後は、

このまちの住民以外の人に

歴史文化の特徴を紹介することを想定して

紹介文をつくるワーク。

 

 

各グループの紹介文を眺めてみると、

このまちの人が思う大切にしたい軸が見えてくる…

 

このワークショップは歴史まちづくりのきっかけで、

これから横手市ではいろんな取り組みが

構想をベースに動いていきます。

ますます注目!